Thursday, May 7

Lesson 9: Havenʹt に対する Doesnʹt Have




もう一度、“have”の文章を見てみよう:
I have a car.
I have been to China.
どちらも同じ動詞“have”を使っているが、前に話したように、最初の文の“have”は動作動詞で、2番めの文の“have”は現在完了形の“have”だ。そのため、これらの2つの文を否定文に変える時、全く違った2つの否定形があることがわかるだろう。
I donʹt have a car.
I havenʹt been to China.
2 つの異なる用法のhaveについて、この区別はちゃんと理解してほしい。英語学習者は時々この2 つを以下のように混同してしまう。
I havenʹt a car.    
I donʹt have been to China.  
最初の文は、文法的には可能だけど、ほとんど使われておらず、I donʹt have + 何/”、つまりI donʹt have a car. I donʹt have a class. I donʹt have any friends、というように練習したほうが良い。

上記は、基本的なルールを忘れて、2 つの異なるパターンを混同してしまう、という学生がよくする間違いの見本のような例だ。

完了形に使われる“have”は必ず別の動詞が続き、それによって完了形であることが分かる、と説明したことを覚えているかな。
I have eaten.
I have slept.
I have seen.
I have done.
そして否定形は次のようになる。
I havenʹt eaten.
I havenʹt slept.
I havenʹt seen.
I havenʹt done.
“I donʹt have eaten”“I donʹt have slept”ではない

基本的なルールは同じ。動作動詞の否定文には、ゲスト動詞を使う。
He has money.  (肯定文)
He doesnʹt have money.  (否定文)
He didnʹt have money.  (過去の否定文)
繰り返しになるが、一方の現在完了は形が肯定か否定であることに関わらず、“have” の後に動詞が続かなければならないんだ。                                        
They have met.
They havenʹt met.
She has studied.
She hasnʹt studied.
****
ここでもう一度“have to”、助動詞、“have”ツインズの遠い親戚について説明すべきだね。

“Have to”は元々、助動詞の部類に属してはいるけど、他の助動詞とも違った形になるので、本当に独特なんだ。

大抵、動詞を否定形に変える単に“not”を加えるのが一般的だ。例えば、

動作動詞以外(ご存知の通り):

今、僕がhave to”が独特だと言ったのは、助動詞のようにnotを加えれば良いだけではなく、否定形に変えるときに動作動詞のような動きをするからだ。

Have to”は助動詞なので、その後に動詞の原形が続く。
. will go, might come, must join, have to study, should eat etc.
でも、これを否定に変えるなら、donʹt have toと言う。
. donʹt have to read, donʹt have to buy, donʹt have to call, donʹt have to visit etc.
最後に、これらを比較する。

これらを使うときは、使用方法の違うhaveを使って、混乱しないでほしい。


Keep on learning !






BACK                             LESSON                                  NEXT  

<==                                        1                                          ==>




No comments:

Post a Comment

Thanks for reading my Blog.

Your questions, comments, feedback etc. are always welcome ;-)

Any Questions?

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...