Sunday, May 10

Lesson 10: Doesnʹt それとも Isnʹt?



今、君はこう思っているんじゃないかな--僕が君に言っていることは紙の上ではすべて理解できているけど、いざ実際に話してみようとすると、思ったより話の速度が速い。速すぎてうまく考えられない、と。だから、その場に立った時、君は頭の中ですごくたくさんのことを考えてしまう。「主語は単数形、それとも複数形?文は否定形にしないといけなくて、状態はすでに完了しているから過去形にもしなきゃいけないし・・・」とか。結局、ストレートに考えられえる人はいるのかな? 

つまり、これが練習が大切だという理由だ。当然のことだけど、君が母国語で話す時、君の頭の中では瞬時に正しい言い方が出来るよね?特に深く考えなくてもできるだろう?何の間違いもなく、自然に文法を頭の中で整理できる。

いったん止めて、スローモーションで演奏し、そして再生する。こんな一連の流れが、 英語を話す人の頭の中ではどうなっているのか。どうやって、たくさんの述語の中から正しい述語を選んでいるのか?

その答えは、僕の友人が既に説明した。「英語宇宙のピボット」を思い出して欲しい。 これは、君が話す時の舵のようなものになるから、何で宇宙のと呼ばれるのか、それがどれだけ重要であるか強調した。パニックになって、冷静さを失っている時に、付け焼刃で勉強した事なんて助けにはならない。でも、継続的な練習を通して、君の記憶の中に定着した軸はきっと助けになる。

もしもプロセス全体を凍らせることがでたなら、単純化しすぎてはいるが、文章を作る時の君の頭の中は、こんなことが起こっているだろう。



いざという時、君はどうやってそれを決断するか。直感?別の見方をしてみよう

イラストNo.9: 広がった の表
最後に追加した部分はとても役立つ。説明してきたルールは、いざという時の簡単な安全装置システムなんだ。つまり、君の頭の中で何かに気を取られている時、そこに情報を送る。例えば、君が“isnʹt”“doesnʹt”または“are”“has”のような紛らわしい選択に迫られている時、このルールを覚えていれば、自然とそのルールに従って言葉が出てくる。すべてのbe動詞が名詞、形容詞、または動詞+ingによって変わる。ただし、動詞の基本形を否定形にする時はゲスト動詞の3 人組のいずれかが、あとに続く。そして、完了形は“have” のあとにp.p.が続く。
言い換えれば、君が注意すべきことは述語自体ではなく、それに続く単語なんだ。どの述語を選ぶべきかについて迷った時には、上記のような決まった組合わせパターンがあるということを覚えておいてください。

最後に君の頭の中で起こっていることは、こんなふうに少なくなるだろう。


さらにこんなふうに、



こういった間違いの殆どは、生徒が述語の公式ルールを守らないことによって起こる。例えば、以下のような間違いをしてしまう。
He doesnʹt talking.     
They arenʹt come.
We have quiet. 
すべての学生がその感覚をよく知っている: そのプレッシャー、ほんの一瞬の話す機会が消え去る。本当に、君から思考力を奪い、間違いに導くのは、実際の話す状況自体なんだ。

でも、だからこそ「ピボット」の法則を、君が話す時の習慣として、深く染みついたものとなるように努力しなければならない。文章を作る際に、基本的で重大な間違いを繰り返すのは、君がまだその法則に慣れていないからなんだ。少なくとも、君の補助回路を動かせるほどには。
He isnʹt talking. >>> be動詞  +  動詞+ing
They donʹt come. >>> Donʹt  +原形
We are quiet. >>> be動詞  + 形容詞
この練習をすることで述語に続く単語に気をつけるようになる。単純にどの述語を選ぶか、ということよりも、むしろ、とっさの時に正しい述語を選べるようになるだろう。もし、それができなかったとしても、僕はこう言える。題名の「基本だけど重要なもの」にもあるように、それに関連する全てのものを復習し、できる限りそのルールに慣れるように努力することが必要なんだ。

Keep on learning !






BACK                             LESSON                                  NEXT  

<==                                        1                                          ==>




No comments:

Post a Comment

Thanks for reading my Blog.

Your questions, comments, feedback etc. are always welcome ;-)

Any Questions?

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...