Sunday, April 19

Lesson 2: 単純で簡単な動作動詞




まず、前述したように、主語+述語の組み合わせは英語の基本構造で、これは非常に簡単だ。僕たちは、だれが「主語」で、どんな「動作」であるか、単純に覚えていく。例えば、“I study”“You teach”“The bird flies”“The train runs”など。でも、動作動詞はいつも動作を表すわけではない。時には、単に状況や感情について話す。例えば、“They think”, “She likes” “The dog seems” など。

(もし君がもう少し先に進んで読みたいなら、Lesson 32: 現在完了進行形(Have Been V+ing) 状態動詞を 読んでほしい)

「行為者+行為」という順序を覚えておけば、“The hamburger eats”と言うのが間違いであると分かると思う。そう、正しいのは“I eat the hamburger”だね。どのような場合でも、行為者+行為というパターンは、覚えなければならない最も基本の文であり、会話の中で一番よく使われる。これからは、これをポイントにして文章を作成してほしい。

RUN! It's the Hamburger Monster!! 


次に状態動詞の後にくるものは、英語学習者が間違って使いやすいbe動詞だ。

Keep on learning !





PREVIOUS LESSON                                          NEXT LESSON 

<==                                                                                         ==>



No comments:

Post a Comment

Thanks for reading my Blog.

Your questions, comments, feedback etc. are always welcome ;-)

Any Questions?

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...