Saturday, April 18

Lesson 1: 宇宙の中心 (S主語 と V述語)



copyright sxc.hu / caltiva


英語の学習を続けていたらよく分かると思うが、語学をマスターするということは、若いころからの悪い習慣を打ち破ることに似ている。例えば、英語は本の中だけのもの、教室の中だけのものという考え方、文法はものすごく難しい規則の組み合わせなんだという古臭い考え方、コミュニケーション能力よりも記憶力を重視するといった習慣をだ。間違った学習を何年も続けていると矯正が難しい複雑な型ができてしまい、それを変えるために長い時間がかかってしまう。特に、実際に話す能力というのは、人の精神的な自信や素質に大きく関わっているからだ。

最初に犯してしまいがちな間違いは、文章ではなく単語やフレーズのみで話すことによって、引っ込み思案な傾向を強めてしまうことだ。これは英語初心者には仕方ない事で、初めは便利だけど、習慣になってしまうととても危険なんだ。

分かってもらえるんだからと断片で話すという近道を使って英語の学習を始めたとしたら、この問題を悪化させることになってしまう。この落とし穴から抜け出せる生徒はほんのわずかしかいない。

もちろん、僕はネイティブスピーカーが常に完璧な文でしゃべっていないことは知っている。実際、テレビや映画の中で省略された文が聞こえてくることはよくある。でも、この短縮した文について、ネイティブスピーカーに文句を言う先生はいない。なぜなら、ネイティブスピーカーは、作ろうと思えばいつでも完璧な文をつくることができるからだ。ただ、君に関しては同じことは言えないよね。

君は英語を学ぶ生徒として、文を細かく切ろうとせず、まずは完璧な文の作り方を学ぶ事から始めなければならない。それをせずに、君は何を学びたいのかな?

つまり、何よりも前に、僕ができるアドバイスは、常に完全な文で話す努力をすること。そして、英語で何かを話したい時はいつでもその努力を惜しんではいけないということだ。

ただ、今は、あせらないで良い。「完全な文」というと、みんな「長い文」だと考えてしまうがこれは違う。初心者の生徒にとって、英語の長文を話す事は、とても難しい。僕がいう「完全な文」とは、2つの基本的なモノを中心とした文の事を言っているんだ。それは、(1) 主語(Subject)(2) 述語(Verb)。つまり君がただ単に“study”とだけ言うよりも、ちょっと踏み込んで、“I will study”と言うほうが良い。更に、“Yes”とだけ言うよりも、“Yes, I am”と言う練習を多くした方が良い。

難しいかな?僕はそうは思わないよ。

まず最初に、主語 (S) が何を意味するのか考えてみよう。もし、君が高校で学習した基本の文法を覚えているのなら、主語は名詞(Noun)か代名詞(Pronoun)で、君が話の対象としている人、場所、物または動物、概念になる。それに伴い同じ人、場所、物、動物、概念を意味する代名詞も同じく主語になる。例えば “he”“she”“I”“we”“you”“they”“it”。これらが事実上の主語になる。この7 つの代名詞は、文の主語として君が使うすべての代名詞になる。そう、たった7つしかないんだ。

要するに

イラストNo.1: 主語の図

君が覚える必要のある文の構成要素の2つのうち1つは主語だというのは学習したね。では、次に文章を構成するのに必要なものが述語だ。

述語は種類が多いので、少し手強いけど、覚えることは不可能な事ではない。

通常、僕たちが一番最初に考える述語の種類は、「動作動詞」と呼ばれるもので、これは単に動作や動き(中には状態や状況を表すものもある)を表すものだ。例えば、“eat”“study”“run”“jump”“talk”“meet”“get” がこれにあたる。また、現時点では、“seem”,“think”“like”“believe” などを動作動詞としてあげておこう。

更に、2番目に主要な述語は、「be動詞」または「連結動詞」と呼ばれるもので、これは一度理解してしまえば、実際にはそれほど難しくないが、とても紛らわしい場合がある。これには “am”“is”“are”、更に過去形の“was”“were”がある。

3番目に学ぶ必要があるのは、現在完了に使われる“have”“has”“have”の過去形の“had”だ。
そして、最後に、“will”“would”“can”“could”“must” “have to”“might”“may”“should”などの助動詞がある。

英語-それは全く別な言語、全くの別世界、全くの異次元に思えるかもしれないが、これらのたった4種類の述語に要約されるんだ。こう考えれば、勉強しなければならないことはそんなにたくさんはないんだ。君が最小限の苦労で新しい言語をマスターしたいなら、君の願いはもうかなっていると僕は思う。

要するに、

イラストNo.2: の表


君はまだ、この表を見てもピンとこないかも知れない。でも、英語を普段使っている人なら、この表は英語の基本だと思うだろう。


次に学ばなければならないことは、どの種類の述語を使用するかということと、その理由だ。

Keep on learning !




                                                                               NEXT LESSON 

                                                                                     ==>


No comments:

Post a Comment

Thanks for reading my Blog.

Your questions, comments, feedback etc. are always welcome ;-)

Any Questions?

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...